日本史上初!FIFAワールドカップが生中継!

テレパソは、日本の自宅に設置するので海外からでも日本にいる時と同じようにテレビ生活が送れます。VPNも自宅経由なので規制なし!

テレパソ購入

ZOOM録画対応! (Coming soon!)

活用事例

テレビ録画サーバーテレパソは、ZOOMの録画に対応いたします。(オプション機能)ZOOMのミーティングIDとパスワード(ある場合)そして録画時間を指定するだけでテレパソが自動でZOOMの録画を開始します。(カメラ機能はありません。)

増え続けるZOOMの需要

地上波にリアルタイム視聴と録画済み視聴がありますが、ZOOMは現在のところリアルタイム視聴がメインです。双方でやり取りをするという特徴があることからリアルタイムで参加するというタイプのものが主流ですが中には、説明会や講座といったような視聴のみのZOOMというものも多くあります。

リアルタイムの場合、自分の時間と合わないことも多く発生してきます。最近では大学の説明会などもZoomで行う場合があり時差や都合などが合わず断念しなければならないという経験談も多く聞かれるようになりました。

ZOOMを録画する方法

ZOOMアプリのLinux版を “テレパソ” にインストールします。テレパソに組み込まれた録画予約システムに、ZOOMのコールIDとパスワード(あれば)を登録し時間を指定します。 時間がきますとZOOMに自動アクセスをし録画をすることができます。

録画したファイルは、地上波やWEB録と同様PLEXのフォルダーにまとまり地上波や他のコンテンツと一括管理ができますので、後で聞き直す時もPLEXアプリにアクセスするだけで簡単に視聴が可能です。

(ZOOMを録画する際は、先方の許可をお取りください。)

ZOOMで増え続けるリモートコンテンツ

パンデミックの影響でZOOMが急速に進化してきています。バーチャルワールドと接続できるZOOMも存在し、ZOOMの中でビンゴ大会をしたり授業をしたり動画をいっしょにみたりとさまざまな方向で発展してゆく分野です。

テレパソでは、地上波、オンディマンド、バーチャルワールドなど時代が変わっても世界を録画できるシステムを開発しています。新時代には新時代の録画ニーズが出てきますので臨機応変に対応して行けたらと思います。

ZOOM録画のテスト検証

学校でのオンライン化が進む中、どうしてもスケジュールが合わない授業があり先日先方の許可をいただきZOOM録画テストいたしました。

100人が参加するZOOMレッスンだったのですが、時間を設定しZOOM IDとパスワードを事前に入れておき時間設定で録画予約。

結果、見事成功しました。後からレッスンを見返すこともできて大好評でした。完全自動で視聴はPLEXでテレビまたはモバイルでできるようになります。