AppleTVで録画済み番組を見る方法

テレパソ通信
ブラウザーだけで世界中から自宅のテレビ視聴

テレパソで録画された番組は子機に自動で移動します。PC, モバイル、AppleTV、Amazon Fire Stickでは、PLEXというアプリを使うことで子機を自動で探知することができます。

それぞれの機器にPLEXのアプリを入れる、またはPLEX.TVからログインをするかで子機の録画ファイルに簡単にアクセスできるようになります。

海外のテレビに繋いだAppleTVのリモコン1つで番組再生ができるようになります。早速手順をご紹介します。

用意するもの

テレパソ親機(日本に設置)

テレ子機(海外に設置)*すでにテレパソをお持ちであれば単品でのご利用も可能です。

AppleTV 4世代以降(海外のテレビに取り付けます)

PLEX(AppleTVのアプリ)

できること

海外のテレビに取り付けたAppleTVで録画済みの番組を高画質再生することができます。(子機からの再生なので4Kテレビの視聴も可能です。)

海外の時差がある為テレパソユーザー様の9割はこの方法でご利用になられているようです。回線の速度なども気にすることがありませんので低速な国でご利用の場合でも高画質再生ができます。

設定

海外のテレビでAppleTVをつけます。

リアルタイムの時とは違い、子機にはWiFiでは繋ぎません。(ローカル再生のため)

アプリストアーからPLEXをダウンロードしてください。アプリストアーでPLEXと検索すると出てきます。

インストールをしますと、テレパソに登録したアカウントとリンクをさせますので、モバイルまたはコンピュータよりPLEXにログインをした状態から、以下のアドレスにブラウザーでアクセスしてください。

https://Plex.tv/link

4桁のコードが出てきますのでそれをAppleTVに入力しリンクさせます。あとは、サムネールをクリックし再生できます。

ライブラリーの選択

PLEXには2つのライブラリーが表示されます。

  1. テレパソ本体(日本)に保存されているデータ
  2. テレ子機(海外)に保存されているのデータ

海外から再生する場合は、子機のライブラリーを選んでください。

Koki- で始まっている方が子機になります。子機に貼ってあるラベルの番号からでも確認できます。どちらも同じデータに見えますが、データのある場所が違いますので再生は海外から行うようにしましょう。

視聴方法

AppleTVのリモコンだけで再生、巻き戻し、早送り全て行うことができます。子機からの再生のため、高画質視聴でご利用可能です。

子機のない外出先から視聴する場合は、ライブラリーは親機で再生します。

子機は移動も可能です。お友達の家に子機を取り付ければお友達宅のテレビでの再生も可能です。

保存スペース

テレ子機には、USBハードドライブを取り付けることができます。(4TBまで)

テレ子機内の容量がいっぱいになった場合は、古いものから押し出される感じで自動削除されます。全てを保存しておきたい場合は、テレ子機にUSBハードドライブを取り付けておけばライブラリーが追加され永久保存が可能です。(取り付けは自動ではありませんのでご希望の場合はご一報ください。)

テレ子機は閲覧のみとなりますので編集や削除などは行えません。

Watch on TV
Copied title and URL