【海外でも見れる!】AbemaTVを毎週録画する簡単な方法を徹底紹介。

機能説明

テレパソW8システムでは、海外からリモートで日本のテレパソにアクセスができるようになりました。スクリーンキャプチャー機能を使えば、ウェブ上のコンテンツをファイル形式で保存することが可能。海外のテレビで再生ができます。

AbemaTV

AbemaTVは、インターネット上のテレビ放送局。ニュースからスポーツ情報までさまざまなジャンルの番組が提供されています。地上波のようにオンタイムで放送がされているので、録画してから視聴。海外ですと時差があるので便利です。

テレパソW8があればAbemaTVのスケジュール録画が可能です。

手動録画からチャンネルを選択。時間を指定するだけで自動録画されます。

コマーシャルのスキップもできるので便利です。

録画された放送は、地上波と同じファイルに保存されますのでAppleTVやAmazon Fire Stickから一緒に見ることができます。地上波放送のちびまる子ちゃんの次にAbemaのニュースをみる。なんてことが同じ操作で簡単にできるというわけです。

海外にお住まいの場合は、回線が足りなくて視聴できない、または停電で視聴できないなんてこともあるかもしれませんが、録画しておけば自動転送されますので便利ですよ。

仕組み

WEB上のコンテンツの録画は地上波と違いかなり難しいです。もともと画面いっぱいに放送されている地上波であればそのまま録画できるのですが、WEBの場合はいろいろな選択肢があり画面いっぱいで見るには、ある程度の操作が必要になる為です。

例えばYouTubeでもそうですが、テレビの画面で見たい場合は右下の画面ボタンで画面いっぱいの選択肢をクリックして画面が大きくなります。

ウェブ録画の場合は、Abemanにアクセス、チャンネル選択、画面を大きくしてキャプチャー再生。これ手作業ですので自動録画が難しいんです。

そこで画面のコーディネーション(位置)をプログラムし録画予約が入ると画面を大きくして録画するという機能を追加することで、自動録画予約システムが完成します。

ウェブ録は次世代では必須かも!

地上波の時に録画機が必要だったようにオンディマンド視聴にシフトしてくるとウェブ録機の需要が高まってくるのではないかと思います。CMカットや時間をずらして見たいという問題に加えて、海外から利用される場合は海外規制の回避や回線速度による画像劣化を避けることができます。

ウェブ録を使えば、コンテンツ再生は日本なので、海外での規制は受けません。

ウェブ録を使えば、録画は日本でする為、回線による画質劣化問題は発生してきません。

地上波の視聴とともにオンディマンドの視聴も録画、転送、海外の大画面を実現できます。

Copied title and URL