2022年 NFT全プレキャンペーン!

テレパソ通信

新年明けましておめでとうございます。海外にお住まいの邦人の皆様におかれましては、日本へ帰国できずここ数年生活も大きく変化された方も多いのではないでしょうか?今年はスリングボックスが11月から利用できなくなるとのことで、弊社へのお問い合わせも多くなってきております。そこで、今年は大きな企画を考えました。ズバリ今流行りのNFT全プレ企画です。

NFTオーナーになるチャンス!

2022年にテレパソをご購入いただきますと、漏れなく全システムにオリジナルNFTコレクションをプレゼントいたします。(ネットワークはポリゴンネットワーク)

2022年に限りテレパソご購入で全員にプレゼントさせていただきます。

是非この機会をお見逃しなく!(イーサリアムアドレスをお送りいただき転送いたします。)

NFTとは

暗号資産ビットコインやイーサリアムをご存知ない方はもはや居られないと思いますが、これらはブロックチェーンというテクノロジーによって作られたFungibleトークンと呼ばれるものです。コンピュータのプログラムによって作られた通貨は、今や世界中の人々が盛んにトレードをしいまや立派な市場を作り上げています。

皆さんはビットコインの現物を見たことがありますでしょうか?アイコンイメージのこんな画像は見たことがあっても実際のビットコインは現物では存在せず目に見えないデータに過ぎません。

NFTというのは、このデータが目に見える形になったものと考えるとわかりやすいかもしれません。NFTというとアートの絵というイメージを持つ方多いかもしれませんが、去年OpenSeaなどで盛んに取引され大きな話題になったものです。PNGやJPGといったフォーマットの画像をNFTとして販売し盛んに取引が行われています。

ビットコインの場合は、目に見えませんでしたがNFTの場合は人間の目に見える形になったもので、どちらも同じテクノロジーブロックチェーンで作られるものです。暗号資産というと怖い感じですが、NFTというと夢があるように感じるのは、人間の目に見える形になったからなのかもしれませんね。

なぜ今NFTなのか?

ビットコインが2014年に比べて価値が大きく上がっていることを知らない方はいないでしょう。わずか数年で1BTCが600万ほどの値段をつけたこともありその暴騰率には驚かされます。データで始まったFungiが通貨としてその存在を誇示しているのです。

ビットコインは、円やドルなどと同じ通貨の扱いでFungibleに対し、NFTというのはNon-Fungibleトークンという扱いになります。世の中に1つしか存在しないというカテゴリーという意味で同じブロックチェーン技術を使いながらも扱われ方が全く違うものになっています。

NFTは、人間の目に見える形になったため、一般の人が理解しやすくなったということもあると思います。しかしNFTの絵が高額で取引されていることに首を傾げる人も多いと思いますが、5年前ビットコインが600万円になると考えた人はいなかったのではないでしょうか?

NFTを持つと何がよいのか?

ビットコインを持つと何が良いのか?という質問とダブると思います。5年前1BTCを持っていれば現在の通貨がもっとたくさんもらえる形で交換することができます。市場が確立してしまえばエンジンをかけた車のように流動性が生まれるというわけです。

同じことがNFTでも言えるのではないかと思います。NFTを保有していると将来的にNFTの流動性ができて盛んに取引がされる。故に価格が変動するということになります。それを見込んでか、去年はNFTバブルと呼ばれ多くの人がNFTを買い集めるという場面を見かけました。

実際個人で始めたNFTが今や市場を作り上げている初期段階状態になっています。

NFTマーケットプレースの販売チャート

Just a moment...

成功例としては、Bored Ape Yacht Club NFTの例があげられます。Jimmy Fallon, Steph Curry and Post Malone という三人が始めたもので10000枚のNFTを発行し、メンバーシップとしてサービスを展開したものです。ユニークな猿の絵のNFTを見たことがある方もいるかもしれません。このNFTを持っていると特別なイベントに参加できるというもので、去年大きな話題を呼んだNFTです。

2021年年末に462,000ドルで落札されるなど止まるところを知りません。つまり、NFTを発行することで10,000人しか参加できない自分が繰り広げる特別なコミュニティーを形成できるという実績がつくかれたということで、今後多くの同様のケースが登場すると考えられます。

NFTという限定数をつけたコレクションを発行し後は自分のサービスをそのコミュニティーに還元してゆく。色々なアイディアは発行者次第ということになる新しいビジネスモデルです。

NFTを触ってみる機会をつくる

NFTのような新しい技術は実際に触ってみる、使ってみるのが一番わかりやすいです。これからはWeb3.0の時代がやってきます。Web3.0とは、これまでのようにユーザー名でログインする方法ではなく、ウォレット認証でのログイン方法で構築されるものです。これに利用される可能性があるのがNFT。メンバーシップのようなイメージでこのNFTを持っている人だけアクセスできるサイトというようなものがどんどん登場してきます。

新しいテクノロジーの先駆者としてみなさんにNFTのテクノロジーを実感していただけるきっかけになれば良いなと思います。

*NFTがどのようなものか?という新しいテクノロジーに触れる良いチャンスです!NFTは無料で配布されるギフトとなります。ご利用ご希望の場合は、Polygonアドレスが必要となります。Polygonネットワーク、IPSFなどのブロックチェーン上のシステムにおいての障害、紛失等においては弊社ではサポートは行えませんのであらかじめご了承ください。(NFTの発行は、2023年1月に行います。ポリゴンネットワークにアクセスできるウォレットアドレスをお送りいただいた方へギフトとしてお送りいたします。)

Copied title and URL